その先のグローバルビジネスへ LA DITTA LIMITED
トップページへ戻るプライバシーポリシー利用規約特定商取引に基づく表記運営会社ヘルプサイトマップ
 可能性の宝庫、インドへのアプローチ
インドにおける、外国資本の新規参入の現状および日本企業の参入の現状の最新レポートを具体的にご紹介するとともに、我々日本企業が目指す、有望な新規参入市場の環境と 可能性を探ります。 
また、新規事業開発の基本的要因をインドの現状に当てはめて分析します。
   
日 程: 2008年10月3日(金)
   
時 間: 13時30分 〜 17時00分 (開場 13:00)
   
会 場: 財団法人 国際文化会館
  〒106‐0032 東京都港区六本木5‐11‐16
  Tel :03-3470-4611
   
  http://www.i-house.or.jp/jp/     アクセスマップはこちらから   
   
参加費: 52,500円 (税込み)
   
講 師: 小里 博栄(ハリー・チェン)
   
  Kiran S. Sethi (キラン・S・セティ)
   
  井上 博
   
  島田 昭彦
   
主 催: 株式会社LA DITTA (ラ ディッタ)
   
共 催: 「その先のグローバルビジネスへ。」実行委員会
   
  (株)ジュピターインターナショナルコーポレーション
  (株)クリップ
  東京レストランツファクトリー(株)
  (株)アジアクリエイティブコミュニケーションズ
  Exigo Marketing (S) Pte Ltd
   
協 力: 在日インド大使館
   
※本セミナーの主な参加企業 (事業別)
   
ホテル開発・投資事業 / 不動産事業 /小売、物販、通販事業 / 物流事業 /
エンターテイメント事業 / 食品食材輸出入事業 / 外食、レストラン事業  ...他
 インド・ビジネス・セミナー 基本テーマ
1.富裕層、中間層市場の食と小売の可能性、インド365日、現地法人から成功へ
2.インドビジネスの巨大市場とは、インドとは? 日本生まれのインド人が真実を語る
3.物流の構築がインドでの成功を約束する!
4.日本人が知らないインドの最新事情と、ビジネス・プロデューサーが見たインドでの新規事業の可能性
 講師紹介
小里 博栄 / Harry Cheng ( ハリー・チェン)

華僑三世
ロンドン大学学士(LSE)、オックスフォード大学修士(社会心理学、社会福祉)
(株)LADITTA 代表取締役 Director of Maido Enterprises Pvt Ltd ( India )
Harry Cheng ( ハリー・チェン)
講演テーマ/内容: 「富裕層、中間層市場の食と小売りの可能性。インド365日、現地法人設立から成功へ」
  • 富裕層、中間層市場の動向、特に食に関わる事業と小売り事業の可能性
  • 最近の5つ星ホテルと不動産の動向を探り、今後の成長を見る。
  • インドへの日本食材と飲料(酒含む)輸出販売の進出の実績、成果と今後の可能性について・・・・
  • 具体的にどの商品がどのように売れているのか、なぜ売れるのか、売れないのか、
    どのようにプロモーションをすれば成功するのか、成功事例と失敗事例を紹介。
    食材の流通という視点から、インドの外食産業の今と未来を語る。
    問題点は?改善する必要のある点は?
  • 現地法人設立についてのノウハウ
  • ローカルパートナーとの信頼関係と役割分担について。
  • 外食産業への新規参入の可能性と機会について、現地の投資家は日本の企業のどの点に魅力を
    感じているのか?
    ブランド力、高度なオペレーションの能力そしてなにより高品質な商品。

Kiran S. Sethi (キラン・S・セティ)

ピッツバーグ大学経営学修士取得
(株)ジュピターインターナショナルコーポレーション専務取締役
(社)神戸青年会議所第45代 理事長
神戸日米協会会長、 インド商工会議所会員、
著書「脅威の超大国インドの真実」(PHP研究所)
Kiran S. Sethi (キラン・S・セティ)
講演テーマ/内容: 「インドビジネスの巨大市場とは?インド人とは?日本生まれのインド人が真実を語る」
  • 巨大市場の可能性を統計データ
  • インドビジネスの可能性
  • 日本人が持つインドのイメージとは?
  • インド人の気質、仕事に対する姿勢
  • インドの商売での落とし穴と成功の秘訣とは?

井上 博 (イノウエ ヒロシ)

株式会社 近鉄エクスプレス 開発部 部次長
インドプロジェクト担当。
インドにおけるロジスティックス・コンサルティングを担当。
現在インド国内の10箇所すべて物流サービスを提供中。

井上 博 (イノウエ ヒロシ)
講演テーマ/内容: 「物流の構築がインドでの成功を約束する!」
  • インドの物流の現状
  • 関税と国内諸税のしくみ
  • 今後のインドの物流の可能性
  • 日本企業の進出実例
  • 物流の成功への秘訣とは?

島田 昭彦 (シマダ アキヒコ)

株式会社 クリップ 代表取締役
国際的に活躍するプロデューサー。
スポーツ総合誌『Number』の編集に10年間携ったのち、2005年、ヒト、モノ、コト、文化を融合し、ビジネスをプロデュースする潟Nリップ設立。
訪問国は50カ国以上。
トレンドセッターにして、ヒットの仕掛け人。最近はインドと日本の食文化、ハイテク技術交流のクリップに奔走中。
ビジネス関連のテレビ、ラジオの出演多数。京都精華大学非常勤講師。

 

島田昭彦 (シマダ アキヒコ)
講演テーマ/内容: 「日本人が知らないインドの最新事情と、ビジネス・プロデューサーが見た
インドでの新規事業の可能性」
  • 流通、食生活、ファッション、トレンドその他の最新レポート
  • 2007年6月、デリー、和食文化とインドの食文化のセッション事例紹介
  • 2008年4月、ムンバイ、技術系企業進出の可能性とその感想
  • 具体的な視察の場所の紹介(写真で見るインド)、それが意味するのはなにか
  • 日本人経営者(JASDAQ上場企業)が見たインド
 インド・ビジネス・セミナーお申し込み
インド・ビジネス・セミナーのお申し込みはこちらから
お申し込みはこちら
COPY RIGHTS 2008(C) LA DITTA LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.